<< IPhoneSDKの教科書[35冊目] | main | 性犯罪被害にあうということ[37冊目] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
草祭[36冊目]
評価:
恒川 光太郎
新潮社
¥ 1,575
(2008-11)

美奥という町を舞台に、5つの短編が綴られています。
短編集なのですが、それぞれがリンクしています。
ホラーとジャンル付けされていましたが、
ホラーというよりは民話とかそういうジャンルに近い感じで、
情景描写が美しかったのが印象に残ります。

序盤は語り部が高校生なので文章も平易でとっつきやすい。
とっつきやすさで一旦読者を引き込んでおいて、
徐々にディープな世界へと引き込んでいくあたり上手いなぁと思いました。
中高生でも読める内容ですが、大人でも充分楽しめます。

恒川光太郎さんの本は初めてだったのですが、
くせがなく読みやすい文章なのにしっかりと個性が出ている。
本当に自分好みの文章を書く作家に出会えることは
希なのですが、久しぶりに「これは!」という感じでした。
心理描写の書き方、台詞回しなんかもすごく好みです。

是非、彼の他の作品も読みたいです。




制作部豆腐
| - | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
くらら
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
オノヨーコという生き方WOMAN
オノヨーコという生き方WOMAN (JUGEMレビュー »)
アラン クレイソン,ロブ ジョンソン,バーブ ジュンガー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE