<< 会計天国 [23冊目] | main | 葉桜の季節に君を想うということ[25冊目] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
日本人の知らない日本語[24冊目]
恐れ入りますが。
差し支えなければ。

この2つに上下関係があることを知りました。
電話の応対で、
『恐れ入りますが、お名前お伺いしてもよろしいでしょうか?』
と、総務さんは聞きます。

コレ。
裏を返せば
『名乗ってもらえないですか?』
と、いうことなのね。

いや、本心はソコなんだけど、次からは
「差し支えなければ、お名前お伺いができますでしょうか?」
に、変えようかしら?

と、日頃疑問に思ったこともない日本語が詳しく書かれていたり、
ピックアップされていたりするのが面白いです。

それに何よりコミックエッセイですから。
読みやすいこと請け合いですね。

個人的に、
アノヨロシ
じゃなかったのか!!!!
びっくりびっくり。



-------------------------------------------


会計天国から一転。
ものすっごい軽い本でした。
面白かったけどね。

その反動で今またも地元の歴史を読んでるよ。
会津藩・庄内藩はいい。
うむ。


by総務さん。
| CF文庫-総務部 | 13:10 | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 13:10 | - | -
コメント
素晴らしい!

いまも昔も言葉とは総務部さんみたいな女性が作ってきたものなのですね。

勉強になりました、貸してくれてありがとうございます!!
| かいわれ大根 | 2009/06/25 9:14 AM |
> いまも昔も言葉とは総務部さんみたいな女性が作ってきた

小骨が引っかかるコメントありがとよぉ。
人間の探究心はすごいね。
というか、この先生がホント凄いね。
日本語学校の先生にしておくのはもったいなひ。
| 総務さん。 | 2009/06/25 6:21 PM |
日本語をカタコトでしゃべっているのを聞くと、
イントネーションが違っていたり、微妙に間違っていたりして、
なかなかおもしろくて可愛らしいものです。
そんなおもしろいネタを織り交ぜながら
日本語のルーツにも触れていくって寸法が凄くおもしろかったです。

私も「アノヨロシ」じゃなかったってことにびっくりしました。
あと、中国から漢字が伝わったとき、読み方が結構適当だったこととか、
はやりことばが女性から始まっていたりだとか、
現代も変わっていない部分があったりして、とても興味深いです。
これを読んで、日本の文化の始まりをもっと知りたいと思いました。

総務さま、ありがとうございました!

制作部さ行
| 制作部さ行 | 2009/07/21 11:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
くらら
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
オノヨーコという生き方WOMAN
オノヨーコという生き方WOMAN (JUGEMレビュー »)
アラン クレイソン,ロブ ジョンソン,バーブ ジュンガー
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE